ラベンダーのラベンダーの話

おかむらさき

学名 

 Lavandula angustifolia 'Okamurasaki'

ラベンダーの種が日本に入ってきたのは1937(昭和12)年のことで、曽田香料がラベンダーオイルの国産化を目指してフランスのプロバンスから入手したものが始まりです。

 その後戦争の混乱期を乗り越え試験栽培が続けられ、富良野地方に導入されたのは1948(昭和23年)のことになります、その後優良品種の選定作業が続けられ、早咲き「ようてい」と遅咲き「おかむらさき」が選定され命名されたのが1963(昭和38)年で、最初に種子が日本に到着してから実に26年を要したそうです。

 

濃紫早咲き

学名 

 Lavandula angustifolia 'Noshi Hayazaki'

ラベンダーの語源

 ラベンダーの語源としては各説ありますが有力なのが次の2点です 

「洗う」という意味のラテン語 lavo lavare から来ているという説と、青みを帯びたを意味するラテン語livere に由来するという説があります。

 ラベンダーオイルは非常に高価であったことと古代ローマ人が入浴に用いていたという証拠がないことなどから、後者の方かなという気もしますが、皆さんはどちらだと思いますか?

 どちらにしてもラベンダーの色と香りに心を癒されるのは昔も今も変わりません

花もいわ

 

 1963年の優良品種指定から4年後の1967年に優良品種とされたのが中咲きの「花もいわ」です。蕾は紫がかった白色ですが花が咲くと薄い紫色になり香りは爽やかな感じがします。香気成分のエステル含有量は低いのですが、そのせいで香りが強すぎないのかも。観賞用として入手したい種類の一つです。

 上の写真は花もいわのつぼみと開花後です。色の違いがわかりますよね